ネクステル

国内EC・越境EC

EC(eCommerce)と呼ばれるオンラインショップに関する数多くの知見から、

  • EC進出支援
  • 分析および戦略策定
  • プラットフォームの選択支援
  • 決済システム選定支援(多通貨・定期購入など多彩なプラットフォームとの連携)
  • 商品選定、商品データ構築支援(仕入先データスクレイピングツール)
  • 運営支援(SEO対策、顧客対応、サイトメンテナンス)
  • 集客支援(SEO対策、リスティング広告、コンテンツ増強など)
  • 代理店ネットワーク構築支援(オンラインMLM構築ツールの導入)
  • クレジットカード販売のチャージバック防止アドバイス
  • 返品返金対策(越境ECの税関不通過時のアドバイスなど含む)
  • ロジスティック選定支援

を国内市場、海外市場に向けてお手伝いいたします。
自社で既にECサイトを構築されている場合でも、現状の分析から集客増強対策や、カゴ落ち防止策、少人数運営ノウハウなどのご提案が可能です。

今後は、農産品・海産品の消費者への直接流通や、中小小売店・中小製造業者様の越境ECなど、幅広いEC活用が望まれていいます。さらに働き方改革やインバウンド市場の拡大など、社会構造が大きく変化してきていますので、従来とは違う販売チャネルを開拓されたいニーズはますます高まっています。

この様なニーズにご対応するため、従来弊社で行ってきた実験EC店舗や、大手ショッピングプラットフォームでの販売実績や手法などを余すところなく開示して実践していただけるようご指導いたします。

EC環境においては、国内向けECであっても、世界のデファクトスタンダードなりつつあるプラットフォーム(ECではShopify,Amazonなど。決済手段ではPayPalなど)のご活用を強く推進しております。

ご提供範囲と導入までの概要

ご提供範囲

Shopify、楽天、Yahoo!ショッピング、BASEなどのショップ立ち上げ
・Shopifyの様にサイトデザインや管理画面のデザイン、各種機能の追加開発や制作など多岐に渡るステム構築などもご提供します。
・PayPal、ペイジェント、ShopifyPay、AmazonPayなどの導入支援
・代理店ネットワーク構築支援(オンラインMLMツール
・仕入先データスクレイピングツールによる商品データ作成

※弊社はShopifyパートナーです。

対策内容 ・戦略立案と集客キーワードの選定
・商品選定(仕入先データから商品写真や説明文のデータ取得ツール)
・ショッピングプラットフォームの選定、改造
・ショッピングプラットフォームへの追加機能の設定、改造
・ページデザイン、テーマデザイン
導入までの流れ ・EC環境の現況ヒヤリング
・お打ち合わせ
・解析、集客状況の把握
・戦略立案とプラットフォーム提案
・商品データの収集(仕入先からの提供もしくはスクレイピング)
・制作開始、商品写真撮影、スタッフ教育、ロールプレイング
料金と支援内容 【初期費用】10万円(税別)
 戦略立案をプラットフォーム提案~プラットフォームの初期設定

【ECサイト制作費用】制作内容、商品点数などによってお見積りいたします。
      (例)Shopifyを用いる場合
         (1) ご要望のヒヤリング、現状ヒヤリング
         (2) 詳細ご提案(デザイン、開発機能、アプリ導入など)
         (3) 商品データ収集ツールの活用有無の判断
         (4) 商品写真撮影~商品データ登録
         (5) 各種機能の開発(例:ポイントシステム、代理店システムなど)
         (6) ショップデザインの構築
         (7) 管理画面の改造(必要であれば)
         (8) 初期操作説明(必要であれば)

         上記の内容で、商品点数20点(バリエーション別途)で
         機能の新規開発はせずに、アプリにて対応できる場合、
         概算で初期費含めて100万~150万(税別)程度とお考え下さい。
         ※商品撮影はモデルやレンタル家具は別途
         ※上記は2か国語を想定(翻訳は別途)
         ※顧客側はフルデザイン(商品含め約30ページ程度)

【代理店ネットワーク構築支援】一式 50万円(税別)詳細はこちら。
 1階層(販売元-代理店)、2階層(販売元-代理店-代理店)~上限なく階層構造を作れる代理店管理システムの導入支援を行います。

【商品データ収集ツール】一式 50万円(税別)詳細はこちら。
 アリババ版:店舗数、商品点数、写真点数の何れも無制限。
 楽天市場版:店舗数、商品点数は無制限。
       写真点数は1商品につき3点まで。

 ※本ツール一式に含まれる支援内容と利用イメージ
  1. 既に楽天市場に出店されている場合
    輸入サイトでの商品探索指導(約2時間の指導と、半日の共同探索作業)。
    出品データを一括データ収集を行ってバックアップ作成。
    商品毎のページ情報をHTML形式で保管可能。
    貴店データをYahoo!ショッピング、Amazonの出品データへ変換。
    Yahoo!ショッピング、Amazonデータの過不足修正の指導。
    ツール操作指導(約1~2時間×2回)。
    商品データの取捨選択の指導(パレートの法則から主力にすべき商品を発掘)。
    商品選定の見直しルールの策定とツール運用スケジュールの作成。
    月例報告会(商品データ収集ツール納品後6回)で取扱商品点数増減、売上高増減、
    ブログなどの記事施策の実施状況の確認、サイトPVなどアクセス状況の確認、
    広告などの集客施策の実施状況を確認しながらアドバイス実施)

    ⇒仕入商品の探索時間の短縮化
    ⇒多チャンネル販売(楽天、ヤフショ、Amazonなど)への出店促進
    ⇒投下時間、管理時間の圧倒的短縮
    ⇒専門家不在で、オーナー様だけ、店長様だけでECメンテン作業が可能

  2. 楽天市場に新規出店されようとしている場合
    前記1. 既に楽天市場に出品されている方の内容に加え、
    以下の指導、コンサルティングをご提供します。

    商品探索指導の繰り返し(ご希望で2回まで無償追加開催可能)。
    他店の情報収集から輸入できる商品の選定方法の指導。
    輸入サイトの中で仕入先の探索方法と選定方法と取引方法の指導。

    ⇒新規EC事業進出促進(従来数ヶ月→1~2ヶ月以内に)
    ⇒商品点数の増強促進(仕入対象商品、仕入可能商品の探索促進)
    ⇒EC進出初期から多チャンネル販売可能(新規事業のリスク軽減)
    ⇒商品ページ作成時間短縮

 ※上記1.2.ともに商品データ収集ツールの納品後、6回の月例報告会で
  本ツールに含まれる支援内容が終了します。
 ※なお支援期間中に、プラットフォームの仕様変更などが生じた場合、
  約1ヶ月以内を目途に対象ツールのバージョンアップを実施します。

お支払い方法 銀行振込
月末締め翌月末期限です。
※クレジットカードでのお支払いはできません。

代理店ネットワーク構築支援

ECプラットフォームにShopifyを選定された場合に対応可能です。
マルチレベルマーケティングをShopifyに導入できる海外アプリケーションを用いて、次のような機能が提供できます。


楽天データ収集ツール

貴店のショップコードを設定した実行結果

商品コード・商品名・価格・キャッチコピー・商品説明・商品URL・画像URL1~3・タグ(任意)をダウンロードします。
また、ここから出品用の楽天用CSV、Yahoo!ショッピング用CSV、Amazon用CSVの出力が行えます。

多店舗データ収集ツール

同一ジャンルのショップデータを一度に収集したい場合は、多店舗商品データ取集ツールもご用意しています(提供ツールに含みます)。

 

 

アリババ系データ取集ツール

EC進出の際、既存の仕入商品以外に多くの商品を取り扱うことが有利になります。商品ページが多く、かつそれが正しく機能していれば、検索エンジンなどからも正当に評価されることになります。

しかし、新しい仕入先を開拓するのはなかなか時間と労力がかかります。そこでアリババやタオバオなどの輸入卸サイトを活用する事例が増えてきてます。

アリババやタオバオで取引先を見つけて仕入をした場合、通常はWEB画面で利用されている写真素材を使うことになります。しかし、アリババやタオバオのページ構成では、商品写真として用意されているデータだけでなく、商品ページ本文に掲載されている写真の方がバリエーションが多い場合や、製造風景なども写真掲載されていることがあり、それらの写真を活用した方が、より説得力の高い商品ページが作成できます。この商品ページ本文に掲載されている写真を入手するには、1商品ずつのページにアクセスして、写真一つずつをマウスを使ってファイルに保存する作業が必要になります。

1ページに10枚以上の写真があることも多く、それが100商品などもあると、1000枚以上の画像を商品別に整理してダウンロードする作業が発生します。

これらの作業を効率化し、取引先のページから商品写真を自動で収集するツールもご提供します。

アリババの画面例(この下に大量の商品写真が並ぶ)
タオバオの画面例(同上)

これらのサイトから商品写真を収集します。
欲しい商品ページから商品写真を効率よく入手できるので短時間で素材写真を用意することが可能です。